ネコノアトリエ

ーフード・ネコ・日々の工夫ー

【ホームベーカリー】で仕込み5分!ハーフ&ハーフで子供も食べられる本格シュトーレン

こんにちは、ベーカリー神戸パンダです。クリスマスまであと10日となりました。

皆さま年末に向けてお忙しいかと存じますが、クリスマスの準備は特別ではないでしょうか。ツリーを飾ったりカードを買ったりと、準備している時間はとてもワクワクしますよね。

さて恒例のパンサークル活動、今回はクリスマスに向けて「シュトーレン」を焼きました。大人も子供も一緒に楽しめるレシピにしております。しかもホームベーカリー(HB)を使って仕込みは5分です!

年末に嬉しい時短レシピ♬

簡単シュトーレンのレシピ

富澤商店 シュトーレン

材料
(最初に投入)
強力粉 200g
ドライイースト 4g
無皮アーモンドパウダー 50g
砂糖 30g
塩 3g
無塩バター 60g
牛乳+卵1個 150g
シナモンパウダー 1g
ナツメグパウダー 1g
(後入れ)
ベリーミックス 100g
くるみロースト 30g
アーモンドロースト 30g
(仕上げ用)
ラム酒(又はブランデー)適量
粉砂糖 適量

上記の材料は富澤商店さんのレシピを参照させていただきました。ただし、子供も食べられるよう、①ノンアルコール、②子供には少し硬めであろういちじくは省き、③具のベリーミックス(ブルーベリーやラズベリーの砂糖漬け)も量を少なくして糖質控えめに。色々アレンジしています。
tomiz.com

富澤商店はお菓子やパン作りの材料・器具を扱う専門店です。製菓材料で使ったことがないものが欲しいとき、富澤商店ならたいていの場合手に入ります。むしろここに売っていなかったらそのレシピは諦めますわ、くらいの勢い。製菓材料は約1〜2回分の個人用サイズと業務用サイズが2種類という組み合わせが多いです。使用頻度が高いものは業務用サイズって助かりますね。我が家の最寄り店舗は三宮ですが、オンラインも品揃えが豊富です。

シュトーレン ホームベーカリー

作り方

(最初に投入)の材料を分量どおり計って入れ、具入れのブザーが鳴ったタイミング(機種によっては自動)で(後入れ)の材料を投入。さいご仕上げに粉砂糖とお酒を刷毛またはスプーンでコーティングするだけです。

仕込み作業5分、仕上げのコーティング作業3分。とても簡単にできました。

ベーカリーから出す前の見た目は完全にパンですね 笑。

このレシピを参照したのは、パン作りで大変なほとんどの工程がホームベーカリーにお任せであること。このほかに目にしたレシピは一次発酵をホームベーカリーで、その後の成形と発酵は人がするというものが多かったです。

技あり!?ハーフ&ハーフで子供も楽しめる

シュトーレン ホームベーカリー
焼きあがったパン…もといシュトーレンに仕上げを施しました。

このように焼き上がりを半分に切って、1つを子供用にそのまま、もう1つを大人用に仕上げ。最後にまた一緒して端から切っていけば、家族で1本を一緒に楽しめます。

できあがりはスパイスが効いた香ばしいパンで、ひとくちごとに甘ずっぱいベリーとナッツの食感が楽しめる本格シュトーレンでした。(市販のそこまで食べたことないので「本格」とえる立場ではないかもしれませんが 汗。)

我が家の娘は2歳半。ほどよい甘さでノンアルコールなので少しずつおやつにあげました。余談ですが「クリスマスにはサンタさんが来るんだよ」「サンタさんはみんなに必要なものを持ってきてくれるんだよ」なんていいながらこの12月を過ごしています。

材料費は約1000円〜1200円くらいです。少々お値段はしますが、そのぶん味は神戸のパン屋さんに引けを取らない本格派です。(おおっと大きくでた!?)市販のシュトーレンもそれなりにしますしね。

さいごに注意点!2つの理由でクリスマスまで持たないかも

シュトーレンはすっかり日本のクリスマスに定着しましたね。
これを薄切りにしてひと切れずつ食べながらクリスマスを待つ…というのがドイツの文化だと聞きました。しかしながら、このレシピは少々注意していただく点があります。

理由その1 賞味期限が短い

このレシピでつくるシュトーレンは具のフルーツや表面にお酒を使っていないため、あまり長持ちしないと思われます。ラップをしたりジッパーつき袋に入れて冷蔵庫で保管してください。

理由その2 美味しすぎてすぐなくなる

そして美味しさのために「ひと切れずつ」なんて言っていられません 笑。実はすでに2回焼いたのですが、朝ごはんにして、会社にも持って行っておすそ分けして…としていたらあっという間になくなりました。翌日もう1本焼いています。もはや2本焼いて大人用と子供用にすれば…というツッコミが飛んできそうですが、いいんです、1本を家族で分けあった達成感がいいんです!


hanaさんのパンサークルに参加しています。
www.zubora-hana.com

今回シュトーレンを作ってみようと思ったきっかけは、パンサークルの先輩flemyさんの記事です。
flemy.hatenablog.jp

そうだった「シュトーレン」はドイツのパンだった。
flemy先輩は生粋のてごねパン派。形も美しくてこれこそ本格シュトーレンですね。レシピにお水を足して加減している…すごい、ここにもプロの人がいた!
しかもラミーフルーツも手作りで、強力粉以外は家にあるってどういうことだ!?

こんなプロになれないあなたにはホームベーカリーを↓

「楽天 超ポイントバック祭 」開始中ですね。楽天市場全ショップ対象とのことなので、我が家はふるさと納税もこれでしてみようと思います。

今回ご紹介させていただいたレシピはとっても簡単なので、ぜひご一緒にいかがでしょうか?この週末に作って、さらにクリスマス前に2回目を作って…私みたいに食べ過ぎないよう気をつけてください。さてさて、私は週末3回目を焼きます 笑。

ではでは、Wish You a Merry Christmas!

※別ブログより記事を移転しました(2019/08/15)